完全食「COMP」昼食置き換え生活はじめました

2020/02/17

先日Twitterの広告に流れてきたCOMPを試したところ、なかなか良かったので、昼食をこれに置き換えることにしました。

IMG 0264

完全食ってなんだろう

この記事を読んでる人は知ってそうだけど、元々はシリコンバレーにルーツがある。ようするに日常に必要な栄養素をどう効率よく採取するか? という観点でつくられた食べ物。

アメリカでは「ソイレント」という名前で、クラウドファンディングが大成功、WIREDなどに取り上げられるなどなど、少なくとも日本よりかは認知されてます。

それを日本人向けにチューニングしたのが、今回の「COMP」というわけです。

半信半疑で試してみたところ、良かった!

トライアルパックは300円と安かったので、トライしてみました。

粉を溶かして飲むだけ。気になる味は、少し水気の多いホットケーキミックスのような感じ。もし、誰かにホットケーキミックスを「これはOCMPだよ」と渡されても気づけないかもしれない……。

完全食とはいえ、液体だし、こんなので満足できるの? と思ってたけど、実際飲んでみると満腹感もあるし、なにより「完全なバランスで栄養を採った」という満足感があり、気持ちが満たされます。

でも全部COMPに置き換えようとは思わない

トライアルパックを完食後、もう少し続けてみようと追加注文しました。最終的には全ての食事をこれに置き換え……なんてことは思わず、昼食だけ置き換えてみようとしています。

もちろん、美味しい食べものを美味しく食べるのも好きなので、どれだけCOMPが優れてても、料理をつくったり、誰かと一緒に食べたり、美味しいものを食べに行ったり、食体験全般を代替しようとは思いません。

昼食はCOMPをもっとも有意義に使えるタイミング!

ぼくはサラリーマンですが、昼食って他の食事に比べて気を使います。

例えば炭水化物をたくさん食べたら眠くなる、とか。気を遣いはじめると、少し遠くのサブウェイに行ったり、コンビニでビュッフェ買いをして、あれを温めて、スープを用意して……とか、面倒だったり……。

さくっと食べられるお弁当屋さんは「ライブの開場待ちかな?」ってぐらい混んでるし。昼休みをフレキシブルに取れるから、まだ空いてる時間にずらせるけど、固定されていたら厳しいでしょう。

1時間で食べて帰ってくる、というのもよくよく考えるとミッション感あるし、それなら置き換えたほうが良い。

一食1.5袋で試してます

この生活を試し始めてみて、まだ数日なのですが、1袋(400kcal)だと、少しお腹が空くので、1.5袋で試しています。事前に3袋を溶かして、ペットボトル2つに分けて冷蔵庫で保存して、朝カバンに入れて持っていってます。

これまで昼食をどこで食べるか悩むことが多くて、「とりあえずなんか食べがち」(そして眠くなる……)だったけど、考えなくてよいのは楽です。

あと、時間も多く使えるようになりました! COMPは寝食惜しむほど忙しい人向けにアプローチされているけど、例えば全然定時で帰れます! って言う人でも、安いお弁当並んで買う手間を省けるのは大きいと思います。

食のユニクロになってほしい

話が少しそれるけど、自分が着ている服は、ユニクロorハイブランドなんですよね。例えば~3000円のシャツと5万円~のアウターって感じで、セレクトショップに代表される、その間の価格帯、「手頃なお値段でそれなりに良く見える服」はあまり持っていません。 理由はその価格帯の服のコスパが悪いから。「それより低価格で高品質なユニクロでいいや」か「それより高価格で好きな服を買おう」のどちらかになります。

つまり、ライフウェアを掲げるユニクロを「服のインフラ」にして、あとは自分が良いと思う服を買えばいいじゃないか、という話です。

食事・特に昼食のことをよくよく考えてみると、「特に食べたいものがない→時間もないし適当なチェーン店に入って、適当に食事する」ことが多いけど、これって適当なセレクトショップで適当な服買っているのと同次事なのでは? と考えている。

完全食はそういった「適当な食事」を代替候補としてのインフラとして、結果、他の食事・食体験を大事にできる選択肢になればいいな、と思っています。……まだまだ未発展だし、代替できるよ、とは言い切れないですが。

このあたり、グミばっかり食べてる落合陽一さんとCOMP代表の対談記事も面白いんで「ちゃんとした食事」ってなんだろう? って考えてみるよい機会になるかもしれません。